ARTRANDOM

artwork ahead 2013.11.17

アダム・シルバーマン「Space」展

2013年11月3日〜12月2日 @ 8/ ART GALLERY/ TOMIO KOYAMA GALLERY

IMG_7860IMG_7850IMG_7859IMG_7858IMG_7853IMG_7852IMG_7849IMG_7846
アダム・シルバーマン氏はあのストリートブランドX-LARGEを設立したメンバーのひとりだそうである。その後、彼は事業を手放して2002年より陶芸家として活動を始め2008年にカリフォルニアのHeath Ceramicsのスタジオディレクターに就任したのだそうです。Heath Ceramicsは独特のレトロ感ある陶芸で有名なブランドでカリフォルニアでとても人気が高いブランド。そのディレクターを務めつつ自身の陶芸家活動を精力的に続けているそうだけど、今回の展示ではその独自の陶芸作品の数々を一挙に見る事が出来た。まるで溶岩のような表面のテクスチャーは個性的であり印象的。なんとも言えない色合いや風合いはとても魅力的で陶芸作品の存在感そのものがズバッと目に入ってくる感じだ。展示方法もギャラリー中央の白い大きなテーブルにランダムに飾られていたり、壁にも迫力のある写真や陶芸作品の大物がどっしりと飾られていたりとてもモダンでシンプルだった。見る角度で陶芸作品の様々な表情を見られるので、なんというか「石庭」を眺めるような趣があったが、その辺りが今回の展覧会タイトルである「Space」と関係あるのかもしれない。小山登美夫ギャラリーは陶芸作家の作品に相当力を入れているが、その見せ方も素晴らしい。絵やオブジェとは違って陶芸作品は見るだけでも良いが使って楽しめるというところが面白いと思う。今回のアダム・シルバーマン氏の陶芸の数々も日本の家にもとても合うと思うし、値段もそこまで高くはないので自分だけの花瓶に花を生けるというような贅沢を楽しみたいなら是非お勧めです!