ARTRANDOM

artwork ahead 2014.03.16

エレクトリカルパレードで満足したことは一度もない Chim ↑Pom/篠山紀信Leslie Kee,他

2014.2.15-2014.3.15 @ hiromi yoshii roppongi

IMG_9879 IMG_9881 IMG_9882 IMG_9883 IMG_9885 IMG_9886 IMG_9888 IMG_9889 IMG_9891 IMG_9892 IMG_9895 IMG_9896
渋谷駅構内にある岡本太郎の壁画に原発事故の絵を足して話題になりメディアにも度々登場することが多くなったアーティスト集団Chim↑Pom。彼らは非常識で過激な表現や反逆的なアーティスト活動を続けて来た。そのChim↑Pomの唯一の女性メンバーでありChim↑Pomといったら彼女という感じになっているのがエリイだが、そのエリイがつい先頃めでたく結婚をした。お相手はアーティストなどではなく新宿のホスト だというのにも少々驚いたが結婚をデモと化して新宿の街を練り歩くパフォーマンス?を行ったのにはもっと驚かされた。いつも奇想天外な発想と独自の表現世 界を貫いて来た作家だけに自らの人生もサプライズの連続だ。警官隊が先導する中、エリーと旦那様、そして彼女達の友人知人がプラカードを掲げて新宿の街を闊歩し、街中で熱い抱擁とキスを見せつけてくれた。その様子を記録するのは篠山紀信氏とレスリーキーというから記録係も豪華な顔ぶれだった。hiromi yoshii roppongiギャラリーではデモ直後にその記録を公表する展示を行ったが、今回それに続いて「エレクトリカルパレードで満足したことは一度もない」と題した展示を行った。エリイの1st写真集出版記念イベントも開催されたこの展示ではギャラリー2階にはデモの様子やデモに使ったプラカードなどを織り交ぜたインスタレーション、ギャラリー1階は壁を破壊してくり抜いた展示や壁一面を埋め尽くすような展示が繰り広げられた。いつものことだが、Chim ↑Pomらしい過激な表現方法とその独自な世界観は見るものの意表をつき驚かせる。しかし、写真作品やその他の作品の一つ一つは非常に洗練されたテクニックと表現方法で制作されていてアーティストとしてのChim↑Pomの制作作品のクオリティーの高さや完成度は素晴らしかった。これからも様々な方法で我々を驚かせ続けてくれるであろうChim↑Pomに今後も更に注目したい。