ARTRANDOM

artwork ahead 2014.03.19

ignore your perspective 23 Analysis of Empathy

2014/3/8〜4/12 @ 児玉画廊

IMG_9949 IMG_9950 IMG_9953 IMG_9954 IMG_9955 IMG_9956 IMG_9957 IMG_9959 IMG_9960 IMG_9961 IMG_9962 IMG_9963 IMG_9964 IMG_9966

ignore your perspective 23
Analysis of Empathy

 松嶋由香利/盛井咲良

児玉画廊でシリーズ化されて開催されているグループ展、「ignore your perspective」が今回もまた開催された。「ignore your perspective 23」と題された今回の展覧会は松嶋由香利と盛井咲良という2人の女性作家の作品展だ。松嶋由香利さんは以前に個展も見たことがある画家でカラフルかつポップともいえるような画面構成が印象的で、いつも何かが散りばめられていたり、色の組み合わせを変化させて画面を作るような独特のスタイルがある。一方の盛井咲良さんは初めて見たのだが色とりどりで形の違う沢山のプラスチックチップのような物を使って不思議なオブジェを作っている。絵と組み合わさった作品だったり大きなインスタレーション装置のような作品も印象的だ。最近の傾向なのか女性作家の意欲的な作品を以前よりも目にする機会が増えた気がする。海外ではルイス・ブルジョアに代表されるように女性の性を意識した作家が昔から多くいるが日本にも女性作家といえば草間彌生!というだけじゃなく、こうした若い女性作家が増えて来ているというのはとても喜ばしいことだと思う。女性作家の方が身体的な感覚を表現に取り入れる場合が多いと思うのだが、この2人の作家もどこかそういったなにか女性独特の感受性に基づいた身体的要因が制作の源に横たわっているような気がしてならない。ともあれ、こういった新しい試みのグループ展は興味深いし、今後も児玉画廊の「ignore your perspective」はとても楽しみだ。