ARTRANDOM

artwork ahead 2014.10.13

坂本夏子 「坂本夏子の世界展」

2014,10,4~11,1 @ ARATANIURANO

IMG_2102     IMG_2101IMG_2097 IMG_2096 IMG_2095 IMG_2094

アラタニウラノギャラリーにて「坂本夏子の世界展」を見た。ペインティングやドローイングの展示は全て色使いが美しく、筆の塗り重ねのひとつひとつが膨大なイメージへと変化し作品として生まれる様も素晴らしい。草むらや花、森、お花畑のようなイメージもあれば幾何学的なコンポジションに女性が描かれた作品もあった。勝手な想像だがその女性は作家自身で彼女を取り巻く幾何学的な模様は彼女の内面を表しているような気がした。そう考えながらその他の彼女の作品を眺めているとそれは単なる花や草むらなどの具象的な模写ではなく、全てが彼女の内面を表現した抽象画なのかもしれないと思えた。展覧会のタイトル通り、それは「坂本夏子の世界」なのであって現実の世界ではなくむしろ彼女の心の中か彼女が見る夢の世界を描いているのではないか。幾重にも重ねられた色が美しく融合し、なんとも言いがたい美しいハーモニーを奏でる感覚は印象派の巨匠であるモネを思わせる。しかし、ハーモニーの感覚はモネの様であってもそこから感じるのは決してモネではなくて、非常に現代的である。現代の女性が独特の感受性で描いたペインティングという雰囲気がするのだった。ギャラリーで手渡されたパンフレットには彼女の作品の制作の行程を段階的に写して収めた記録写真が載っていた。全体を黄色に塗ったキャンバスにまるで自然の草が生えるように草花を描き足して作品を完成させて行く行程は非常に興味深かった。具象と抽象の狭間を行き来しながらイメージが最終的に出来上がって行く様は完成品だけを見るよりも彼女の作品への挑み方ような物を垣間みさせてくれた。作家本人もいらしたので作品の前で彼女の写真を撮らせて頂いたが、カラフルな作品とは異なり黒一色のドレスの小柄な女性で彼女のどこからこれほどパワフルなイメージが沸き上がるのかと思ってしまうほどのコントラストだった。そんな彼女から、自分の内面を絵で描く、絵で表現するという単純であるようでいて実は非常に難しい行為を淡々と行える落ち着きのような貫禄を感じた。