ARTRANDOM

artwork ahead 2015.10.01

大野智史 “Beautiful Dreaming.”

2015.9.30~10.19 @ 8/ART GALLERY/TOMIO KOYAMA GALLERY

02 03 04 05 06 07

大野智史 の個展”Beautiful Dreaming.”を見た。彼はとても好きな画家で数年前に伊勢丹のリニューアルの際に売り場に展示する最初のアーティストにも選ばせて頂いた。その時は壁面のサイズに合わせてプリズム模様の横長の大作を描き下ろしてくださった。ギャラリーの白い壁の世界ではないコマーシャルな空間での展示をとても新鮮に感じてくださったようで伊勢丹での展示がその後の絵の表現にも変化を与える機会になったと聞いてとても嬉しく思っている。彼の作品はダイナミックに美しく具象的であると同時に抽象的だ。作品はキャンバスに描くという絵画技法で表現されるのだがそのイメージはデジタルな世界の物の見え方をも彷彿とさせる。驚くほどに細かいプリズムのイメージは美しさを放つ巨大な色彩の宝石の様に存在する。そして、ひとつのキャンバスにその細かなプリズム、具象的に描かれた植物とダイナミックな抽象表現が混ざり合う時、色彩と形と勢いのカオスの中で見たこともないような独特な絵画表現が展開する。抽象表現のパワーと冷静な写術表現が見事に融合して驚くほどの相乗効果で新たな絵画世界を作るのである。非常に感情的に描かれている一方でその表現テクニックは冷静で優れているのだ。ただ投げやりに乱暴ではないのだが計算され過ぎてもいない。ストロークの勢いやパワーを保ちつつ表現の限界に挑む絵画は圧巻である。彼の今後にも更に期待するとともにこの独自の絵画世界を貫いて欲しい。