ARTRANDOM

artwork ahead 2016.01.26

今津景展「Repatriation」

2016.1.16 - 1.30 @ 山本現代

今津1 今津2 今津3

白金のYAMAMOTO GENDAIギャラリーで今津景の新作展覧会を見る。 去年この作家の展覧会を同ギャラリーにて初めて見た時には衝撃を覚えた。 今まで見たこともないような圧倒的なイメージの斬新で迫力ある作品である。 「Repatriation」(帰還)という意味のこの展覧会では今までで最大級サイズの新作も展示されていて圧巻の展示内容となっている。 ここに描かれているイメージソースはギリシャのアクロポリスミュージアムの展示作品とインターネット上に公開されている未返還、もしくは略奪や破壊を受けた美術品だという。 それらをデジタル処理してキャンバスに描き出すという独特な技法がこのコンピューター処理的なイメージの特異な雰囲気を作り出しているのだ。 それにしても、イメージの混沌が溢れ狂うというか、渦巻くような迫力の画面は驚愕である。 美術品は混ざり合い、お互いに交錯してひとつの大きなうねりを作リ出す。 ブラシストロークで引き伸されたようなイメージはそれ自体も歪められている。 いったいどこから描き始めてどこで終るのか、眼を凝らしてみても分からない。 色彩も鮮やかだが画面の光沢もどこか異質な絵画を見ている気持ちにさせる。 いずれにせよ、今後の活動にも大いに注目の気鋭な作家だと思う。