ARTRANDOM

artwork ahead 2016.08.07

時間と相対するということ

2016.8.4~8.14 @ BUNKAMURA GALLERY

東急BUNKAMURAギャラリーで8月4日から14日まで友人の市村しげのが展覧会するのでレセプションにお邪魔した。市村しげの展「Time and Relativity-時間と相対」では彼の代表作のドット(点)を沢山描き込んだ作品や新作も展示されている。僕が彼と知り合ったのはかれこれ25年くらい前のニューヨークだ。当時のニューヨークはまだ今のように安全な街ではなくクラブカルチャーもまだ残っていたと思う。アートシーンもキースヘリングやバスキアなんかがスターになっ直後でアメリカのアート界がまだまだ輝いていた時代だったと記憶している。1997年、市村しげのは当時人気のアーティストだったスターンツインズが選考委員をするテキサスのアートコンペで入賞しアーティストとしてのキャリアをスタートさせた。その時に描いた作品は銀一色の絵画だが、それは絵というよりも幾何学模様のような不思議な作品だった。数えきれないほどのドット(点)を丹念に描き続けることによって生み出されるその作品はちょっと見たことのないインパクトを見るものに与える。そして彼はその修行か試練のような作風をずっと続けてきてるのだから感嘆する。一つづつのドット(点)は意味をなさないがそれが数えきれないほど沢山描かれ幾何学的な模様に配列されるとそこに美しい静寂の美が現れる。彼の作品にはそんな不思議なパワーがあるように思うが、それにしてもこの作風を貫き通すというのは相当な根性というか執念が必要だと思う。制作には時間だってかかるだろうし間違った配列や大きさのドット(点)を描いたら台無しになってしまうような繊細な作品には神経も使うはずである。展覧会のタイトルの「Time and Relativity-時間と相対」にはそういう作品が生まれるために作家がキャンバスに相対さなければならない時間という意味が込められているように感じた。IMG_1544 IMG_1546 IMG_1549 IMG_1558