ARTRANDOM

artwork ahead 2018.06.21

蜜と意味

6月9日〜7月21日 @ KOSAKU KANECHIKA

天王洲アイルにあるKOSAKU KANECHIKAギャラリーにて沖潤子の展覧会「蜜と意味」が721日まで開催されている。以前に開催されたグループ展でも見た作家だが今回は個展で広いギャラリースペースをうまく使って新作12点を展示していた。作家は古い布やボロが経てきた時間やそれらが語る物語の積み重なりに刺繍と自身の時間の堆積を刻み込み紡ぎ上げることで新たな生と偶然性を孕んだ作品を完成させる。まるで時間を紡ぐように古い生地の上に作家が施す信じがたいほどに細かく複雑に編み込まれた刺繍、それを石鹸で洗うと蓄積していた汚れが落ちたり色が抜けたりして針目は独自の色に染まってゆく。古い布の持つ歴史に作家の施す刺繍などの手が加わり新たな生命を宿した作品へと昇華する様にはどこか「生み出す」という女性ならではの性を感じずにはいられない。繊細かつ強靭な表現からは生きるということの真理が見え隠れしているようでもある。