ARTRANDOM

artwork ahead 2018.06.22

色彩の力

6月9日〜7月7日 @ 児玉画廊

6月9日より7月7日まで天王洲アイルにある児玉画廊にて鈴木大介の展覧会「Perceiving 」が開催されている。「Perceiving 」とは「知覚する」という意味だがなるほど作家によって知覚された色彩の力を感じる展覧会だ。抽象画というのは個人的にとても好きな絵画なのだが抽象的に描かれた絵はごまかしも効かないし瞬時にセンスがあるかないかがわかるものだと思っている。どんなに頑張ろうがそういう問題ではなく才能が本物か否かは抽象画の場合は絵から滲み出てくるというか見れば分かってしまうものだと思う。そういう意味でもこの作家は才能に恵まれているしそういう人が抽象画という世界に真摯に向き合った果てに結果として表現された鮮烈な色彩や大胆な画面構成、流れる線などは気持ち良いほど力強く見るものに迫ってくる。まだ若い作家だと聞いたが今後がとても楽しみだと感じた。