ARTRANDOM

artwork ahead 2014.05.14

AMERICA ANDY WARHOL

AW10 AW9 AW8 AW7 AW6 AW5 AW4 AW3 AW2 AW1

アンディー・ウォーホルによる写真と文章の本「AMERICA」を買ったのはまだNYに住んでいた頃だったからもう20年以上も以前のことだ。ウォーホルといえば誰でも知っている有名なポップアートを代表するアーティストである。つい最近まで六本木ヒルズで展覧会も開催されていたので多くの若者も20年以上前に他界したこのこの類い希な才能を持ったアーティストの片鱗を改めて知ることが出来たのではないだろうか。ウォーホルというアーティストはAMERICAが大好きだったのだと思う。UNITED STATES OF AMERICAというよりもAMERICAという漠然とした括りで捉えられる人々やカルチャーを愛していたのだ。ハリウッドセレブ、ロックミュージシャン、コカコーラ、キャンベルスープ、リッチもプアーも全てを含んだAMERICA的なものが大好きだったのだと思う。そして、それはそのまま彼の創作意欲に直結していて彼の崇拝するAMERICAを表現する作品を山のように作り上げたのだ。ウォーホルはシルクの作品に留まらず様々な手法のアートで表現を試みた。ムービーや写真なども彼の重要な表現手段だった。特に彼には収集癖的な気質もあり日々の生活で出会った人や行った場所を写真などで記録することを怠らなかった。六本木ヒルズで開催された展覧会でもこうした写真やタイムカプセルと称した彼の蒐集物の展示がありとても興味深かった。AMERICAに納められているのはそんなウォーホルが撮った写真の数々だが、毎日の生活を生涯写真で記録し続けた彼はこの本に収まり切らない数の写真を撮っていたに違いない。このAMERICAでは特に彼がこだわったいくつかのテーマで写真を編集して掲載している。そして、写真のボリュームと同じかそれ以上なのが彼の手記でそれは読んでいてとても面白い。彼の独特な物事への考え方が非常によく分かるし、繊細で頭脳明晰なアーティストの一面が理解出来る。ウォーホルはイラストレーター時代の作品を見れば明らかに素晴らしい腕前のアーティストであったが、その後、彼のファインアーティストとしての活躍はこの独自の明晰な考え方によって成り立ったのだという事実をAMERICAの写真を見ながら手記を読むと分かってくるのだ。また、AMERICAにはニューヨークにいた頃にクラブで見かけたダウンタウンのセレブリティーやその時代を代表するセレブ達が多数写真に収められていてそれらの人は見ていて懐かしい気持ちにさせてくれる。AMERICAを愛し、時代を愛したウォーホルは沢山の作品と記録された記憶を残した作家だった。