ARTRANDOM

田口 まき(第2回)「今注目するアーティストやネットという新しいアーティストとの出会いの場。」
my art collection 第2回 / 全2回 / 2014.04.11

田口 まき(第2回)「今注目するアーティストやネットという新しいアーティストとの出会いの場。」

ONE SIZE GALLERYディレクターの田辺良太が友人の「アートコレクション拝見!」をしながら気楽に語り合うという連載コーナー「my art collection」。
第4回目の友人は田口まきさん。写真家であり、アートの企画もするなど幅広い場で活躍する彼女に注目のアーティストなどを聞く。

今注目するアーティストやネットという新しいアーティストとの出会いの場。

田辺:今注目しているアーティストっていますか?東京で。

田口:アーティストっていうか、そうだなあ、アーティストというか、気になっている人はいます。

田辺:人?

田口:今まさに、えーっと、宣伝になっちゃうけど、1月30日にあるファッションブランドやってる女の子の本を作ったんだけど。

田辺:ふぅーん!

田口:その子とかは最近注目していた女の子です、半年くらい気になってた子で。。

田辺:本が出たんですか?

田口:今日持ってくれば良かった~~

田辺:なんていう本なの?

田口:それは植野有砂ちゃんっていうFIG&VIPERっていうブランドのデザイナー。

田辺:FIG&VIPER?

田口:っていうブランドのディレクターの女の子で、何が面白いかっていうと、それは今自分が興味ある領域の話しになっちゃうんだけど、インスタグラムで特に注目が集まってる女の子なんだけど、もちろんブランドも凄くカッコいいし、みんな知ってると思うんだけど、特にそのインスタグラムの使い方が面白いなと思ってて。

田辺:じゃあ何?なんか写真かなんかアップしたりするの?

田口:そうそうそう!
撮ってアップして。。

田辺:フォロアーが凄い?

田口:そう、凄い!フォロアーが国内だけではなく海外からも多分たくさんフォローされていると思う。ハリウッドスターとか女優とかモデルじゃないけど今11万人とかいるんだよ、凄いよね!?

田辺:お~凄いね~

田口:海外からも!たぶん半分くらい海外からも支持されてて、何が面白そうって、世界中にあの、そういう子達が今いて、今までは、原宿とか渋谷っていうのが、その場所にエリア性があって、そこに色んな面白い子達が集まって来てカルチャーとかムーブメントが生まれたりそれを題材にしたファッションがあったりそれをまた題材にしたいろんなものがあったりしたと思うんだけど、今ってそこから新しいものが出てくるっていうよりもその、既存のイメージを楽しむ、ということでしかなくなっていると思うんです。

田辺:個人が発信する?

田口:そういうストリート感のあるものっていうのが今ウェブ、ネット上に移ってると思ってて。
で、インスタグラムは世界中広がっているし、特に言語がいらなくて、ビジュアルとイイネだけでコミュニケーション取れるから、世界中の人が使っていて。。。

田辺:海外の方がやっぱインスタグラムは勢いあるよね。
この前も外人の人とその話ししてたけどもっとこれから延びて行くんだろうね。
フェースブックもうウザイみたいな?

田口:フェースブックはまた世代が違うんだと思います。
30歳以上だとフェースブックが多いけど今の10代とか20代くらいは皆インスタグラムなの。

田辺:う~ん、なるほどね。

田口:ファッションとかも、例えばロンドンとかニューヨークとか、パリとか、そういうのじゃなくて、例えば今気になっている子は、イスラエルの子。

田辺:ふ~ん

田口:そのイスラエルの子はカメラマンで、自分の友達のラッパーの子をずっと撮ってる。
凄いお洒落で、東京のブランドとかもたぶんネットで買ってるし。
あと、これは友達に教えてもらって気になったアカウントは、ジンバブエのティーンエイジャーのアカウントとか?

田辺:ジンバブエ?

田口:本当に僻地の、なんかジャングルみたいなところで、なんか、ナイキとか履いて。。

田辺:アフリカっぽいね。

田口:なんかそういう子達のなんか、感度の良い子とか、センスの良い子とか、なにかを探している子達ってたぶんお互い会った事はないけど、コミュニケーションも取れるし、友達を100人作るつもりで友達が10万人できる時代の子達だから。。。

田辺:確かに!

田口:そう!凄くそこには、期待感みたいなのがあって、なんかそこから出てくる、アートって言っちゃうとまたちょっともう一段階な感じなんだけど。。なんていうのかな、文脈がないとアートに昇華して行かないと思うんだけど、そのアートの源になってくるような。。

田辺:種ができるみたいな?

田口:そう!そういう面白さみたいなものがそこにある。。。

田辺:見ているとやっぱりワクワクしますよね、そういうのは。
世界がどんどん狭くなっているというか。。同時多発的にコミュニケーションとってイメージ見せ合って刺激し合うみたいな。
今までにないことだからね。

田口:うん。

田辺:なんか、ウォホールの話になっちゃうけど、ウォホールがもしまだ生きていたら?何をするんだろうな?とか思って、なんか、やっぱりインスタグラムとか?

田口:でも、ウォホールの言葉で世の中で誰でもが15分だけ有名人になれる?

田辺:うんうん。

田口:っていう未来は来るって言った、まさにそれは今来ていると思うし、うん。

田辺:15ミニッツフェーマスってやつだね。
でも、だからね、亡くなっちゃったので推測してもしようがないのかもしれないけど、やっぱ、ああいう人だったらたぶん凄く敏感に、もちろんPCだってあの頃はまあ、なかったんだから。そんなのどうだろうな?なんて思うけど、まあ、今次のウォホールが?もしかしたら出てくるかもしれないし。その人はどういうような新しい価値観を?アートに持たせるのか?っていう。ちょっと楽しみですよね。

えーっと、話尽きないんですけど、ここでちょっと作品を!結構アーティストの友達が沢山いて作品とか例えば交換したり買ったりとか、そういう事はするんですか?

田口:うんうんうん、します!

田口まきさんのアートコレクション

アート:浅井祐介

田辺:これ?

田口:これでも、女の子の作品じゃないの。

田辺:あ!そうなんだ!

田口:ないんだけど、凄い気に入ってて。

田辺:うん、凄い可愛いね。へえー

田口:この絵、本当はこの子の相方の男の子がいるんですよ。

田辺:うん、なんていう作家さんですか?

田口:これは浅井祐介さんっていう男の人なんですけど。
アラタニウラノというギャラリーに所属されているアーティストさんです。

田辺:あ!アラタニウラノギャラリー。そうなんだ。
いくつぐらいの人なの?

田口:あたしとたぶん同い年くらい

田辺:あーそうなんだ。
これはどういうキッカケで? 買ったんっすか?

田口:これは買いました。

田辺:あ、本当!
気に入って?

田口:気に入って。

田辺:アラタニウラノで個展やった時に買ったとか?

田口:個展。。なんの時に買ったのかな、展示で購入しました。

田辺:なんか、他の作品も見てみたいですね、この人の。

田口:めちゃくちゃ凄くて好きです、壁画とかも。
これは今の話とは全然別になっちやうんだけど、あたしが実家が絵本屋さんやってて。。

田辺:あ、そうなの?

田口:うん、もともと父が絵本の出版社で働いていました。

田辺:あ、そうなんっすか。

田口:だから、絵本みたいな世界観が好きなんです。

田辺:そうだね、なんかそう思ったね。
ちょっとこう絵本に出て来そうな、なんていうかな童話みたいな感じがするよね。
ふーん、なんかマーカーとか色々使ってるんですね。
これは家に飾ってるの?

田口:飾ってます。

田辺:あ、そうなんだ。
わかりました、貴重な物をありがとうございました。
今後は、なんか、予定ありますか?今年はどういう感じで?

田口:今年はさっき言っていたそのインスタグラムだったり、SNS上から出てくる新しい何か?みたいなものを少しテーマとして追いかけていくようなお仕事がしたいです。

田辺:じゃあ、結構一日の内にそういうのチェックしたりするの?
時間を取っている?

田口:自然な範囲で。。うん。

田辺:特に、こう、探すぞ!なんていってやるとか、そういうのではない。

田口:今のところは。。

田辺:なるほど。

田口:気になってる人が何人かいるんですよ。

田辺:あ~じゃあ、ちょっと写真撮りたいとか?

田口:うん、写真も撮りたいし、話してみたいし、直接会うのはもちろんだし、そういうところから何が出てくるかっていうのが凄く興味があるし。

田辺:これから益々面白そうなんですけど、なにかまた一緒にお仕事出来たらと思います。

田口:はい。

田辺:では、そんなところで、今日はありがとうございました!

田口:ありがとうございました!

田口 まきさん第一回「写真を撮り始めたキッカケや好きなアーティストの話」はこちら!

田口 まき
田口 まき

フォトグラファー・プランナー。女の子をテーマにした活動を展開する。フォトグラファーとしては、雑誌、広告、アーティストなどを手掛ける。また、プランナーとしてさまざまな企業タイアップのプラン二ングなどに携わる。女の子のつくるセカイを世界に向けて発信するプロジェクト「MADE IN GIRL」主催。さらにグランドオープンした伊勢丹新宿本館2F「ISETAN GIRL GALLERY」のキュレーターとしても話題に。

田口 まき その他の情報

#ALISA
2014. 01. 30
112p オールカラー
著者:植野有砂・田口まき
制作:株式会社NON-GRID
発売元:株式会社ギャンビット
> アマゾンで見る